FC2ブログ

第5話 衝・撃・珠・湯・加 (前編)








☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆



「どうじゃ、見たか。葵」

「すっごーい! すべちゃん、一気に電車道だったね~」

「拙者の本気はざっとこんなものよ。これでこの土俵は我が陣営が頂戴すると・・・ んん?」

「ん~?」

鋭い視線を感じて振り向くスヴェトラーナ。その目線を追う葵。その先には・・・
褐色肌の少女が好戦的な瞳で二人を凝視している。そして無言のまま右手が上がり、葵の顔を指差した。

「葵、あの黒いのがお主に挑みたいと申しておるぞ」

「ほっほー、いいね~」

「油断は禁物であるぞ。なかなか敏捷そうな奴じゃ」

「そうだね~。強そうだね~。わくわくするよね~!」

「・・・お主、緊張感のカケラもないのう」

「え~、そうかなぁ・・・」



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆



一方、スヴェトラーナの怒涛の突き押しの前に何もさせてもらえず、一方的に土俵外へ吹っ飛ばされた秀は――

「一体なんですの、あの野蛮な外国人は! わたくしの美しい顔に張り手を打ち込むとは全く無礼な・・・」

「・・・・・」

「タ・・・ タマさん・・・?」

「ヒデ=サン、ブザマネー・・・」

「え・・・」

普段は人を人とも思わぬ傍若無人な秀の顔が、別人のようにサッと蒼ざめた。
タマと呼ばれた褐色の少女は半眼のまま秀を一瞥し、直ぐに視線を土俵の対面に向けた。
どうやら正面の青いリボンの少女を自らのターゲットに定めたようだった。



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆



「ふっふーん。いいね~、まだ見ぬ強豪ってやつだよね~」

「組み付いてしまえばお主の相撲じゃろうが、彼奴を捕らえることができるかの?」

「まーまー、すべちゃんはそこで見ててよ♪」

「ふむ、まぁ、お手並み拝見じゃ・・・」

笑顔でスヴェトラーナにウィンクしてから土俵に一歩踏み込む葵。
体内のスイッチがシリアスモードに切り替わり、瞬時にしてその表情が引き締まった。

一方、厳しい表情で葵を凝視している褐色の少女タマ。こちらも土俵へと足を踏み出した。
すると・・・ 彼女の表情もまた一変した。

「ワタシ、タマチャンデ~ス! ヨ~ロシ~クネ~」

土俵外に居た時と態度や容貌がガラリと変化した褐色少女は、満面の笑みを浮かべて葵に挨拶する。

「『アイサツ』ハ大切ネー。エエト・・・」

首を傾げて葵の目を覗き込み、相手の名乗りを促すタマ。

「葵。 ・・・葛城 葵」

少々毒気を抜かれたものの、厳しい表情のまま葵も自己紹介に応じた。

「ドーモ、アオイ=サン・・・ タマーフィ・マヌア、デス」

両手で印のようなものを結びながら、タマがフルネームでアイサツした。

「・・・どうも」

つられてオジギを返した葵だが、仕切り線の前で仁王立ちの姿勢を崩さない。
傍から見ていると、土俵外に居た時と両者の人格が入れ替わってしまったようだった。



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆



「お主、あの黒いのとはどういう関係じゃ?」

いつの間にか秀の傍らにスヴェトラーナが立っていた。

「な・・・ 貴女にお答えする義理はございませんわよ」

「ふむ、拙者に惨敗したことがそんなに堪えたか」

「・・・ふん、わたくしが張り手や突っ張りに、まだ順応していなかっただけですわ」

「ほほう、きちんと敗因の分析は出来ておるか」

「貴女など・・・ わたくしの組手に持ち込めば、ものの3秒で土俵に叩き付けて差し上げますわ」

「ほ、それは再戦が楽しみじゃのう。拙者はいつでも受けて立つぞ。ときに・・・」

「・・・何かしら?」

「お主、・・・お秀と申したか・・・ 先ほど興味深いことを申しておったの」

「さて、何か言いまして?」

「ほれ、その土俵じゃ。お主の私物であるかのような物言いをしておったではないか」

「正確には私物ではありませんわ。わたくしの父様が学園に寄贈したのです」

「なんと! 豪勢な父御ではないか」

「ホホホ、世間的にはセレブの部類に入るでしょう」

「・・・さらりと抜かすではないか。真の金満家というのはもう少し奥ゆかしいものじゃ」

「持って生まれた血筋ゆえ!」

「まあ良いわ・・・ ところでお主、葵たちとは別に相撲部を創設しようとしておったのか?」

「その通りですわ。 ・・・創部申請はわたくし達が一歩出遅れましたが」

「むう、珍妙な事もあるものよのう」

「・・・何のことです?」

「これまで相撲部が無かったところへ偶然にも2つの勢力が創部を企てた・・・ これを珍妙と言わずして何と申す」

「・・・まあ、そうですわね」

「のう、お秀。こうして出会ったのも何かの縁じゃ。我らと共に姫相撲部を盛り立ててゆかぬか?」

「あら、リクルートですの? わたくしたちも下に見られたものですわね」

「なんじゃと?」

「ほらほら、取組が始まりますわよ。まずはこの一番、じっくり観戦いたしませんこと?」



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆























(・・・まだまだつづく。 長いぜ・・・)

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : こんな可愛い子が・・・
ジャンル : アダルト

tag : 3Dカスタム少女 姫相撲 コミPo! 好角綺童隊

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びっつ

Author:びっつ
カスタム少女姫相撲ブログにようこそ。

最新記事
カテゴリ
投票所
無料アクセス解析
ツイッター小説
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示